SEOの目的は、検索エンジンの順位を上げることだけではなく、収益という成果|China Support
中国16億個の財布が待っている。モノを売るためのデジタルマーケティング

SEOの目的は、検索エンジンの順位を上げることだけではなく、収益という成果
SEOの目的は、検索エンジンの順位を上げることだけではなく、収益という成果

SEOコンサルティング

SEOの目的は、検索エンジンの順位を上げることだけではなく、収益という成果。
収益に直結するようなキーワードや、文章を調整し、サイト全体がランディングページとなるようなマルチランディングページ化をすることで、集客につなげていきます。
SEOは、本当に成果を上げるための、ハイパーデジタルマーケティングの一部です。

SEOとは?

Search Engine Optimizationの略で、検索エンジンを使ったマーケティングの最適化です。
ターゲットユーザーが検索エンジンを使って、検索したときに、上位表示するように、調整すること。そして、上位表示されるだけでなく、本来の目的であるビジネスの成果につなげることなのです。
SEOを詠っているコンサルティング会社のほとんどは、その「上位表示」を目的としていることが多く、実際には、上位表示され訪問数が増えても成功とは言えずコンバージョンや売上に繋がっていかなければ、意味がないのです。
重要なのは、「クライアント企業の継続した収益につながるためのマーケティング」であり、私たちから言わせれば、SEOはそのツールの一つということです。

百度SEO/360SEO 中国語SEO対策

中国では百度のSEO施策が中心となるのは当然ですが、最近では360捜索からのトラフィックが成果に繋がる事が多くなってきています。 基本的にこの2つの検索エンジンの対策をすれば中国内の検索需要に対応できます。

私たちはSEOに限らず、デジタルマーケティング全体を考慮し、コンテンツやユーザビリティをも含めた、多くの課題や経営戦略への提言をすることができます。