インバウンドとか言ってるけど、まずはメニューだけで良いと思います|China Support
中国10億以上のキャッシュレスユーザーにモノを売るためのデジタルマーケティング

インバウンドとか言ってるけど、まずはメニューだけで良いと思います
QRコードでメニューを見てもらえば良いじゃん

インバウンドは難しくないけど

インバウンドがどうのこうのとか、アウトバウンドがなんちゃらとか、日本人はカタカナに踊らされる人が多いのが常。
定食屋のオヤジには、英語より難しく感じる人も多いのでは??
それは、広告代理店やコンサルティング大手の人たちが、“自分たちが儲けるためだけ”に使っている言葉なのです。
近年の中国人観光客に対して、インバウンド対応をしなきゃいけない・・・とか、言われても何のことかわからないから、何もできないか、小金持ちは騙されていろんな委託をしてしまう。中には、詐欺まがいの内容もあるという相談も受けています。

インバウンドのメニュー作り

「インバウンドの準備って何だろう」と考えることが良くあります。 この店に行きたいと言われるところや、ホテルの近くの定食屋など、まず中国語のメニューはもとより、英語のメニューも存在しません。
あ、そんなたいそうなメニューじゃなくていいんです。 簡単にいうと、料理名が日本語、英語、中国語で、なるべく多くの写真入りのメニュー いえ、PPTで作ったプレゼン資料のようなもので良いんです インクジェットプリンタで印刷できるようにしておけば、追加変更がしやすいし、チラシタイプのメニューを作っておけば、欲しいという人にお渡ししても良いのです。
おススメは、画像とPDFにしておき、その場でダウンロードできるようにしておくのです。
メニューページが有れば、印刷の手間や、コストもかかりません。 メニューページを作るだけでもいいのですが、ついでに簡単なウェブサイトを作ってしまうというのもGOODです。
これがマーケティング、売れていく仕組みを造ることなのです。

低コストのデジタルメニュー

まずは、メニューだけのページで良いと思います。
店舗名、住所、電話番号が書いてある、「メニューページ」です。

コースをいくつか用意しておりますので、ご検討ください。
まずは、弊社が用意した共有サーバにメニューページを置く、ベーシックメニューであれば、一過性の作成費用と年間利用料だけで、ページのアドレスと、QRコードをお渡しします。

例えば、何ページかある場合、PDFをどこかに置いておけば・・・

サンプルメニューはこちらのQRコードで
「スキャンしてね」っていうシールだけで、お客さんが勝手にメニューを見に行ってくれますので、あとは、指差しで注文を受けられます。
これがインバウンドの第一歩となるんですね。
また、モーメンツで発表するのが好きな方が多いので、紹介も期待できます。
できたら、店にはWIFIを用意しておいた方がいいですね。
ちゃんとパスワード設定をしておけば問題ないですし、出来たら業務用とお客様用と、ルーターで分けることも可能です。そして、一言「WIFIあります」と入り口に書いておくのです。

ニューコースはいくつか用意しています。
オプション等は今後用意していきますが、まずは始めることが大事です。

例えば定食屋では~チラシみたいなサイト

ウェブサイトっていうと、難しく聞こえますが、簡単にいうと「デジタルのチラシ」です。
画像やPDFでメニューを載せておき、外国人の方には、QRコードでスキャンして、メニューを見てもらえば良いのです。
さらに、簡単なページを作っておけば、WECHATやWEIBOで共有してくれる人も・・・。
もちろん、美味しいというのが前提です。
日本人に人気の店は、外国人の方にも人気になる可能性があります。
来年に向けての準備、第一歩です。