上海政府による新型肺炎に対する疫病予防についての発表(1)|2020年02月05日 
中国10億以上のキャッシュレスユーザーにモノを売るためのデジタルマーケティング

上海政府による新型肺炎に対する疫病予防についての発表(1)|2020年02月05日 China Support

上海政府による新型肺炎に対する疫病予防についての発表(1) 2月5日

「上海市は少なくとも2月末まで、すべての学校を休校とした」

住宅小区の物業管理による疫病予防について

上海市住建委副主任 王楨:
住宅小区の物業管理による疫病予防について
1:門を閉めて、出入りを管理する
小区(マンション)は街道と社区に協力し、極力人の出入りを避けるとともに、住人全員の体温を測り、異常があれば速やかに病院に知らせなければならない。
住人以外の人や車は小区に入ってはいけない。もし特別な理由がある場合には、住人が前もって小区及び社区の許可をもらい、来訪者は有効な証明書を提示する必要がある。 なお、小区では必ず電子錠を使用し、疫病の広報活動で、十分な安全教育を行うこととし、疫病予防の観点から、知人の訪問や人が集まることを極力避けること。
2:消毒の徹底
疫病予防のために、消毒が重要。特に通路、エレベータ、トイレ、ごみ処理室の共有部分に関しては、消毒の頻度を高くすること。

3:人の管理
3-1 小区の出入り
3-2 物業担当の管理
上海から出ていない人間が担当し、仕事前には必ず体温を測り、マスク等でまず自分を守る必要がある。外から上海に戻った人間は、規定時間の隔離後に仕事に就くことができる。
3-3 部屋隔離の管理
街道や社区と協力し、部屋での隔離を命令された人間を観察する
3-4 部屋を貸している家主の管理
全ての貸主に連絡をとり、借主の個人情報登録と疫病予防を促す。

上海政府による新型肺炎に対する疫病予防についての発表(1)

とりあえず

・・・続きはこちら
上海政府による新型肺炎に対する疫病予防についての発表(1)


本文はコラム・ブログをご覧ください