中国語のページを中国のサーバに置かないと、何も始まらない|China support
中国16億個の財布が待っている。モノを売るためのデジタルマーケティング

中国語のページを中国のサーバに置かないと、何も始まらない
中国語のページを中国のサーバに置かないと、何も始まらない

中国国内のサーバが必要

「中国でビジネスをする」と意気込んでも、Webサイトは日本のサーバで、中国語のサイトも無い。何をするために、中国に来ているのでしょうか?

最低限のアイテムは必要です。

日本のサーバを使っていて、中国からは繋がりづらい、、、
知っているのに何もしなくて平気な方は、問題外ですので、さようなら。
サイトを立ち上げて、会社や商品の紹介をしていても、実は中国の多くの地方からはアクセスしづらい状態だったとしたら・・・。
急速にネット人口が増え、消費大国の流通の中心がインターネットとなってきている時に、自社サーバを中国国内に置かないで、どのように戦うつもりですか?

日中間の回線の問題や、それ以外の要因が関与していると言われていますが、中国にビジネスをしに来ている以上、最低限の情報経路だけは確保しておいてください。

中国から、日本などの海外のサーバを閲覧できないという可能性も有ります。
さらには、メールの到着が遅れることも多く、業務に支障が出たりします。
しかしここで問題なるのが、中国と日本の間における、回線速度の遅さと、中国国内でも、バックボーン所持会社の競合による南北の接続問題という話もあります。
これらの問題に対して解決できる会社は、中国でも多くはありません。
→ 私たちはそれを解決することが出来ます。
業務を円滑に進めていくためにも、中国国内のサーバで、しかもサポート体制がしっかりとしているところでの運用をオススメします。

巷で騒がれている「ICPライセンス」について

また、中国でWebサイトを立ち上げるためには、ICPライセンスが必要です。
このICP(Internet Content Provider)には2種類あり、内容や取得のための要件が異なりますが、どちらも、現在は中国国内の営業許可証(中国国内の企業)が必要です。

非経営性のライセンスは届出のみでICP番号が取得可能です。
ICP番号に(備)という文字が入ります。
(備)という文字が入らない「経営性ICP」に関しては、その取得には厳しい条件が有り、外資企業では取得した例はありません。
多くのコンサルタントまたはコンサルティング会社によると、Web通販やショッピングモールなどのネットビジネスを展開するためには、この「ICPライセンス」が必要だということになっていますが・・・

この続きは、弊社のクライアント様になれば、詳しくご説明させていただきます。
きっと、皆様の知りたい情報が、ここにあります。

  • 現地オフィス内ネットワーク環境の設定
  • 中国におけるウェブサーバ・メールサーバ運用
  • 中国における業務システムの構築・運用
  • ICPライセンス関連業務
  • 中国へのサーバー移管代行